So-net無料ブログ作成
検索選択

「バッタもん」のルービックキューブを分解してみた [カラクリ撮影]

 100円ショップで売られていた大きめのルービックキューブを撮影した。動きのカラクリが判ると良いが…あまりにも撮影がヘタクソなのに我ながら驚いてしまった。
【立方体の一辺】
RIMG0029.jpg
RIMG0030.jpg
RIMG0031.jpg
【中心部の構造】
RIMG0022.jpg
【角のパーツ】
RIMG0027.jpg
【辺の中央のパーツ】
RIMG0025.jpg
【角が外れたところ】
RIMG0018.jpg
【辺が外れたところ】
RIMG0017.jpg
RIMG0015.jpgRIMG0016.jpg

なぜ今時にルービックキューブなのかと問われても、答えられない。ただ本屋で立ち読みしたルービックキューブの構造図がインチキくさい絵だったのが多少影響しているかもしれない。

分解のつもりで撮影したが、数点パーツが割れたりかけたりして組み立てられないようになり、破壊してしまった。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

団塊おやじ

ぼけ防止に、ルービックキューブの構造を考えていました。(設計は昔の仕事の一部だった。)
1.中心部の6個のパーツは色々な構造でも成り立つ。
2・辺と角のパーツは球体に溝を切ってそこに突起を引っ掛ければ出来そう。
 までは考え付いたが、2.の溝の配置に矛盾が生じ、一週間考えたが設計できない。ギブアップで現物を学ぶことにしたら、このサイトに来ました。
1.のパーツの内側で球面を構成していたとは・・・・・流石にルービック氏は偉人ですねえ。
by 団塊おやじ (2013-02-17 22:13) 

Stroll

>団塊おやじ さん
コメントを受け付けない設定にしてあるはずなので、ノーチェックでした。コメント頂戴しながら無視する形になり、失礼いたしました。

 これでコメント表示は最後となるはずです。
by Stroll (2013-10-26 13:48) 

Stroll

あれれ、設定変更が反映されませんね…
by Stroll (2013-10-26 13:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。